2017年度産 寒干し大根 予約受付開始しました

1.畑の土づくりから大根の栽培、寒干し大根の作りまで、全て手作りです。

2.寒干し用の大根は無農薬栽培、昔ながらの
「雪室」保存にこだわり、この熟成期間で大根の甘が増し、マイナス10度を下回る厳冬期に寒干し作りを始めます。
  寒干し大根 商品の紹介 価   格

寒干し大根の作り方の紹介


寒干し大根の糖度はメロンと同じ


9月下旬の大根畑
8月の終わりに種をまいた大根は順調に成長し大きな葉を茂らせています。



11月中旬の大根畑
収穫直前に雪が降り、雪をよけての収穫作業



どれも大きな立派な大根に成長していました。
奥飛騨山之村地区で古くから保存食として作られている「寒干し大根」です。

秋に収穫した大根を厳冬期を迎える季節まで、土中の室で保存します。
マイナス10度を下回る厳冬期に大根を雪の中から掘り起こし大釜でゆでます。

ゆでた大根は約1ヶ月かけて山之村の澄んだ高原の空気と太陽の光を十分に浴び、やがて琥珀色に乾燥します。

昔ながらの製法で作られた「寒干し大根」は、栄養豊富な甘みもぎっしり詰まった郷土食です。

製造には添加物など一切使用せず、大根は無農薬栽培にこだわり、加工から販売まで生産者が行っていますので安心・安全です。

奥飛騨のふるさとの味覚をお楽しみ下さい。

2017年度産寒干し大根の予約販売開始しました。


■お問い合わせはこちら

発送は3月上旬頃よりご予約順に順次発送しています

発送はヤマト便又は郵便で最も送料のお安い手段で発送します。


個数 商品金額 重量 送料
1袋 1,000円 120g 510円
2袋 2,000円 240g 510円
3袋 3,000円 360g 756円
4袋 4,000円 480g 756円
5袋 5,000円 600g 972円
※送料は関東・信越・中部・北陸・関西地域の料金です。その他の地域はご注文時にお知らせします。

TOPに戻る